任意売却とは?メリットとデメリット【センチュリー21の任意売却無料相談】

CENTURY21 センチュリー21広宣
任意売却.com  無料相談受付
0120-87-3303 電話受付:年中無休 9:00〜22:00

任意売却と競売の違い

HOME | 任意売却と競売の違い | 任意売却に必要な書類

お客様よりご依頼時にご用意いただく書類は?


任意売却を行う際に、必要な書類関係です。
債権者に提出をする書類、物件査定時に必要な書類等。
様々な書類が必要となります。
ご本人の意思確認のための書類であったり、物件の状況を説明する書類、ローンを組んだ時の書類、月々の支払いをしている返済表、残高表も必要となります。
書類は、全て大事な書類ですが、中には紛失をされている方もいらっしゃいます。
 ○登記識別情報(登記済権利証)のコピー
 ○身分証明書(運転免許証もしくは、パスポート等)のコピー
 ○物件購入時における、不動産売買契約書および重要事項説明書
 ○建築確認申請書写し、間取図、購入時のパンフレット
 ○固定資産評価証明書(土地・建物)
 ○固定資産税納付書のコピー
 ○マンションの場合は、管理規約書、管理費と修繕積立金の明細、管理会社
 ○物件の写真(外観、街並み、エントランス、水回り、各部屋、ベランダを各2~3枚)
 ○住宅ローン借入時の債権者との金銭消費貸借契約書、保証委託契約書
 ○競売開始決定通知書、督促状等
 ○印鑑証明書

弊社からお客様にご用意いただく書類は?

任意売却をする際に、当社がお客様よりいただく必要書類です。
専任媒介契約書は、お客様より任意売却を任せますという書類です。
個人情報保護方針、任意売却の申出書も重要な書類です。
 ○専任媒介契約書
 ○個人情報保護方針に関する同意書
 ○任意売却に関する申出書
 ○物件状況報告書、付帯設備表

専任媒介契約書専任媒介契約書

専任媒介契約書

任意売却をする際に、当社と交わします媒介の契約書です。

個人情報保護方針に関する同意書個人情報保護方針に関する同意書

個人情報保護方針に関する同意書

任意売却をする際に、当社よりお渡しします、個人情報のお取り扱いに関する書類です。
任意売却をする際に、お客様よりお預かりしました書類関係、または情報に関してのお取り扱いについての書面です。

任意売却に関する申出書任意売却に関する申出書

任意売却に関する申出書

任意売却をする際に、住宅金融支援機構へ提出します任意売却に関する申出書です。
任意売却をするにあたり、住宅金融支援機構へ提出しなければならない書類です。
ご本人、及び連帯債務者の署名、実印にて捺印、連絡先の記入が必要。
任意売却を担当する、不動産会社の名称、住所、担当者名、連絡先、押印が必要となります。

物件状況報告書物件状況報告書

物件状況報告書

任意売却をする際に、契約時に買主様へ状況を説明する書類です。
雨漏り、シロアリの害、木部の腐食、給排水管の故障、改築、耐震診断、アスベスト使用、土壌汚染、騒音、近隣の建築計画、電波障害、周辺に影響を及ぼすと思われる施設の有無、近隣との申し合わせ事項、管理費、修繕積立金の変更、大規模修繕などの記載する。
任意売却の買主への申し送り事項としての記録となる。

付帯設備表付帯設備表

付帯設備表

任意売却をする際に、契約時に買主様へ付帯設備の状況を説明する書類です。
厨房機器、給湯関係、浴室設備、洗面設備、トイレ設備、洗濯機用防水パン、冷暖房機、換気扇、24時間換気システム、インターホン、照明器具、食器棚、床下収納、下駄箱、網戸、雨戸、ふすま、障子、衛星アンテナ、カーテンレール、ブラインド、物干し、物置、消費生活用製品安全法に基づく特定保守製品等について、設置の有無、故障の有無を記載する。